サイトマップ

【安いシミ取りクリーム】ハイドロキノンのコスパ最高な買い方

安いだけではダメです。シミ取りクリームをコスパ良く買うにはどうすればいいのか?

この記事では、ハイドロキノン配合シミ取りクリームのコスパ最高な買い方を解説しました。

高コスパのシミ取りクリームを一番安く買いたい人は必見です。

【安いシミ取りクリーム】ハイドロキノンのコスパ最高な買い方・3つのポイント

ビーグレンをコスパよく買うための3つのポイント

シミ取りクリームをコスパ良く、そして一番安く買う大前提として、ハイドロキノンクリームを選ぶ必要があります。

理由は、ハイドロキノンの効果は他の美白成分よりも100倍高いからです。

つまり、値段が同じなら、ハイドロキノンクリームの方がコスパが100倍高いんです。 

関連記事:【シミ取りクリームの効果】ハイドロキノンが人気の理由

という前提で、ハイドロキノンクリームをコスパ良く、安く買うために気をつけるポイントは次の3つです。

トライアルセット どんな化粧品でも肌との相性がありますので、最初は安価にトライアルセットで始めるとコスパ良いです。
返金保証 満足できなければ、全額返金してもらえるので損がありません。
公式サイト 公式のサイトの割引特典を利用するのが一番安く買える方法です。

関連記事:シミ取りクリーム口コミランキング/効果あるハイドロキノンの選び方

ということで、詳しく解説していきます。

シミ取りクリームはトライアルセットが一番コスパがよい理由

化粧品の効果徹底解説

シミ取りクリームのトライアルセットは割引率が高く返金保証がつくものが多いです。

とくに単品ではなく、ラインで試せるトライアルセットは、何種類もの化粧品を安く試すことができてコスパが最高です。

実際に高コスパのトライアルセットの割引率を比較のが下の表です。

ブランド名 税込み価格 割引率
ビーグレン(ライン一式)* 1944円 71%オフ相当
アンプルール(ライン一式)* 1890円 72%オフ相当
サエル(ライン一式) 1480円 66%オフ相当
ホワイトロジー(ライン一式) 972円 69%オフ相当
シズカゲル(単品) 2980円 40%オフ相当
シミウスジェル(単品) 4099円 20%オフ相当 

*ハイドロキノン配合

シミ取りクリーム各ブランドのトライアルセットの割引率を比べると、ハイドロキノン配合の「ビーグレン」と「アンプルール」が70%以上の割引率で非常にお得で、費用対効果が高いです。

ハイドロキノンは、シミのもと「メラニン色素」生成を抑える働きが、他の美白成分と比べて100倍強力。

選ぶなら、ハイドロキノン配合のシミ取りクリームにしましょう。

参考:ビーグレン公式ページ(ハイドロキノンクリーム)

シミ取りクリームをコスパ良く買うには返金保証ありを選ぶ理由

スマホで会員登録

返金保証ありのハイドロキノン/シミ取りクリームを選ぶ理由はつぎの3つです。

  1. 化粧品と肌の相性には必ず個人差がある
  2. 効果への満足度も必ず個人差がある
  3. 返金保証があれば、そんな場合もお金が戻ってくるので損をしない

シミ取りクリーム・トライアルセットの返金保証を比べてみたのが下の表です。

ビーグレンの365日間の全額返金保証が飛び抜けています。

ブランド名 返金返金の有無 有効期限
ビーグレン* 365日間
アンプルール*
サエル 30日間
ホワイトロジー
シズカゲル 30日間
シミウスジェル 30日間

*ハイドロキノン配合

公式サイトが一番安い値段でシミ取りクリームを買える理由

公式サイトで、シミ取りクリームを一番安く買える場所です。

理由は、定期購入や各種割引特典が充実しているからです。

実際の具体例を2つ紹介します。

例1)ビーグレンのホワイトケアトライアルセットの割引価格

ハイドロキノン・全額返金保証付き・ライン一式は、ビーグレンのトライアルセットだけで、公式ストアでしか買えません。

どれだけコスパが良いかを下にまとめました。

ビーグレン・トライアルセットのメリット
  • 71%相当オフのお値段1800円(税抜き)
  • 5種類のハイドロキノン美白化粧品ライン一式をお試しできる
  • 1年間全額返金保証つきで、満足できなければ返金してもらえる

参考:ビーグレン公式ページ

例2)定期便でさらに安く買えるビーグレンのシミ取りクリーム

ビーグレン定期お届けコース

トライアルセット次回以降、公式サイトの定期購入を利用すると、ビーグレンのハイドロキノン配合シミ取りクリームさらに安く買えます。

ビーグレン定期購入の割引率は最大25%オフです。

しかも、ビーグレンの定期購入は回数縛りもなく、いつでも自由にやめたり、休憩したりできるのでオススメです。 

参考:ビーグレン公式ページ

補足:シミ取りクリームのコスパには保存温度も大切

化粧品の安全性

常温保存できて使用期限が長いシミ取りクリームが、長い目でみるとお得でコスパが良いです。

その理由はつぎの2つです。

  1. どんなに安くても長持ちせずに劣化して使えなくなるなら、コスパが良いとはいえない
  2. ハイドロキノンクリームは、劣化すると皮膚毒性を持つ

楽天やAmazonなどで安く売られているハイドロキノンクリームは、冷蔵庫保存しないと早く劣化してしまうタイプばかりで、クリームを使い切る前に劣化して使えなくなるため、もったいないです。

その点、ビーグレンのハイドロキノンクリームは、開封後、室温で3ヶ月間使うことできるので安心です。

ここまでをまとめると、シミ取りクリームはビーグレンのハイドロキノンクリームが一番コスパが良いという結論になります。

参考:ビーグレン公式ページ

【安いシミ取りクリーム】ビーグレンのハイドロキノン化粧品を一番安く買う方法

ビーグレン公式オンラインストア

シミ取りクリームを一番安く買う方法は、公式サイトで買うことです。

ビーグレン公式サイトで安くシミ取りクリームを買う方法を具体的に説明していきます。

シミ取りクリームを公式サイトで安く買う方法

ビーグレン公式のお得な特典

公式サイトでトライアルセットを買うと、割引率、返金保証、クーポン、ポイントの点で、もっとも安い値段で買うことができます。

初回以降も、公式サイトでは様々な特典が利用できて、安く買えます。

詳しく見ていきましょう。

一番コスパが良いシミ取りクリームはトライアルセット

ビーグレンのシミ取りクリームトライアルキット

もっともコスパの良い買い方は、トライアルセットを買うことです。

ビーグレンのトライアルセットは割引率が高く、返金保証がつくのでコスパがもっとも高くおすすめですだからです。

ビーグレンの公式サイトでは、ホワイトケアトライアルセットは71%相当オフのお値段で、365日間の全額返金保証が付きます。

満足できなければ、全額返金してもらえるので、安心感が半端ないです。

参考:ビーグレン公式ページ

公式サイトのシミ取りクリーム購入でもらえるお得なポイント

ロイヤリティプログラムの還元率変化

ビーグレン公式サイトで購入の際にもらえるb.ポイントを利用すると、次回以降、お得に購入できます。

  • b.ポイント:1ポイント=1円換算
  • 購入額(税込み)の3%還元(最大8%還元)
  • 有効期限:発行から570日(1年半)

公式サイトのシミ取りクリーム購入でもらえるお得なクーポン

ビーグレン公式サイトでは、定期または不定期でもらえるクーポンを利用するとお得に購入できます。

ビーグレンの初回クーポン:必ずもらえる無期限1000円割引券

ビーグレン公式サイトで初めて買い物をすると、無期限の1000円割引クーポンがもれなくもらえます。

クーポンはこの他にも、誕生月や不定期にもらうことができます。

ビーグレンのハイドロキノン/シミ取りクリームの初回限定割引

ビーグレンのホワイトケアセットは、初回限定の大幅割引されることがあります。

過去の実例として、ホワイトケア初回限定セットが43%オフでお得に販売されていたことがありました。

シミ取りクリームは定期お届け便の割引がお得

ビーグレン定期お届けコース

ビーグレン公式サイトの定期購入コースを利用すると、最大25%割引で購入できます。解約も簡単にできます。

他のシミ取りクリームと比べても、ビーグレンの定期お届け便はお得で、解約などの自由度が高く、使いやすいです。

以下、ビーグレンとアンプルールを定期購入のお得さと解約条件を比べてみました。

ビーグレン アンプルール
割引率 最大25%オフ 一律10%オフ
 1個購入 5% 10%
 2個購入 10% 10%
 3個購入 20% 10%
 4個購入 25% 10%
解約条件 お届け予定日の5日前なら無条件で解約できる 3回以上購入履歴がないと解約できない
変更条件 お届け予定日の5日前まで お届け予定日の10日前まで
お届け周期 30, 45, 60日(さらに最大60日まで延長できる)  1, 2, 3ヶ月固定

ビーグレンはいつでも無条件に解約できますので、安心してまとめ買いができます。

つまり、25%割引でシミ取りクリームを買うことができてしまいます。 

参考:ビーグレン公式ページ

シミ取りクリームは公式サイトのロイヤリティプログラムがお得

ビーグレンのロイヤリティプログラムビーグレンのロイヤリティプログラムとは、b.ポイント還元率アップ特別プレゼント進呈からなるお得なプログラムです。

・注文のたびに貯まるスターの数で会員ステータスがスタンダード、ゴールド、プラチナへとランクアップします。

・ポイント還元率はそれにともない、3%、6%、8%とへとアップします。

ロイヤリティプログラムの還元率変化

・もらえるプレゼントもそれないともない選択肢が増えます。

ビーグレン ロイヤリティープログラムのプレゼント

公式サイトで買うとシミ取りクリームは送料無料

ビーグレンは送料無料

ビーグレンの公式サイトで買えば、ハイドロキノン配合シミ取りクリームの送料はすべて無料です。

佐川急便とゆうパックから選べます。

安いシミ取りクリーム:公式サイトのトライアルセットが一番安い理由

ビーグレンのシミ取りクリームトライアルキット

ビーグレンのハイドロキノン配合ホワイトケアトライアルセットが、公式サイトで買うとコスパ最強な理由を解説します。

ビーグレンのお得なポイントを整理してみると、こんな感じです。

トライアル価格 1944円(税込)
フルセットの価格 28722円(税込)
割引率 93%オフ
返金保証 365日全額
もらえる割引クーポン 無期限1000円割引券

参考:ビーグレン公式ページ

ビーグレンのシミ取りクリーム/ホワイトケアセットの驚異の割引率

ビーグレンのハイドロキノン化粧品ライン一式を、定価で買うといくらになるのか?お値段を算出してみました。

合計28,722円(1.5ヶ月分)が、トライアルセットでは1,944円(7日分)でお試しできます。

割引率なんと93%オフで非常にお得です。

トライアルセット一式を個別に買った場合の合計金額と内訳は下のとおりです。

合計金額 28,722円
洗顔料:クレイウォッシュ 4,212円
化粧水:QuSomeローション(ビタミンC誘導体2種) 5,400円
美容液:Cセラム(高濃度純ビタミンC) 5,076円
夜クリーム:QuSomeホワイトクリーム1.9(ハイドロキノン) 6,480円
クリーム:QuSomeモイスチャーリッチクリーム(エイジングケア) 7,560円

*すべて税込み

シミ取りクリーム「ホワイトケアトライアルセット」がお得すぎる理由と特典

ビーグレン公式サイトでホワイトケアトライアルセットを買うと、6つの特典が付いてとてもお得です。

  1. ホワイトケアトライアルセットの値引率が高い*
  2. 初回限定クーポンがもらえる→無期限1000円分
  3. ポイント還元3%(1ポイント=1円)
  4. 毎回なんらかのプレゼントがつく
  5. 365日間の全額返金保証
  6. 24時間電話サポート(フリーダイヤル)

*割引率については下のとおりで、とてもお得です。

  • 公式発表71%相当オフ:6700円相当(7日分)→1944円(7日分)
  • 定価フルセットに対する割引率は93%オフ:28,722円(1.5ヶ月分)→1944円(7日分)

参考:ビーグレン公式ページ

アマゾンでビーグレン・ホワイトケアトライアルセット買うと損をする理由

ホワイトケアトライアルセットAmazon販売価格Amazonでも非正規品がたまに販売されてますが、公式よりもかなり高いです。

税込価格
ビーグレン 公式サイト 1944円(送料込み)
アマゾン 3800円+送料515円

Amazonで買うと次の特典はつきません。

  • 初回限定1000円クーポン
  • b.ポイント(3%還元)
  • 非売品プレゼント
  • 全額返金保証
  • 24時間電話サポート(フリーダイヤル)

ビーグレン/ホワイトケアトライアルセットは楽天で売ってない

ハイドロキノン楽天では、ビーグレンホワイトケアトライアルセットは販売されていない。

理由は、公式の割引率が良すぎて、転売しても利益がでないためです。

ビーグレン/ホワイトケア プログラムを定期購入するとどのくらい安くなるか?

電話コールセンター

ハイドロキノン配合のビーグレン/ホワイトケアプログラムを定期購入した場合には、自動的に25%割引になり、28,722円が21,541円になります。

・次回以降、3%にポイント還元が使えるので、3%割引で20,895円トータル28%割引)で購入できます。

・会員ステータスが上がって8%ポイント還元がつけば、19,818円トータル33%割引)で購入することができます。

・この他に、セール時の割引や、初回限定購入割引がタイミングよくあれば、さらに安く買うことができます。

ビーグレンのホワイトケアプログラムセットをアマゾンで買うと割高

アマゾンでは、ビーグレンのホワイトケアプログラムセットを買うと割高です。

ビーグレン* アマゾン**
クレイウォッシュ 3,159円 3,489円〜
QuSomeローション 4,050円 4,950円〜
Cセラム 3,803円 4,990円〜
QuSomeホワイトクリーム1.9 4,860円 6,015円〜
QuSomeモイスチャーリッチクリーム 5,670円 7,340円〜

*すべて税込み・送料込, 定期便25%割引適用

**送料込

そして、Amazonではビーグレン公式でつく保証と特典がないため損をします。

ビーグレンのホワイトケアプログラムセットは 楽天で買うと割高

楽天では、ビーグレンのホワイトケアプログラムセットを買うと割高です。

ビーグレン* 楽天**
クレイウォッシュ 3,159円 4,566円〜
QuSomeローション 4,050円 5,839円〜
Cセラム 3,803円 5,437円〜
QuSomeホワイトクリーム1.9 4,860円 6,996円〜
QuSomeモイスチャーリッチクリーム 5,670円 8,100円〜

*すべて税込み・送料込, 定期便25%割引適用

**送料は含まれません

そして、楽天ではビーグレン公式でつく保証と特典がないため損をします。

安いシミ取りクリーム:単品でシミ取りクリームを一番コスパ良く買う方法

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9シミ取りクリーム『QuSomeホワイトクリーム1.9』をコスパよく買う方法を紹介します。

ビーグレンのシミ取りクリーム「Qusomeホワイトクリーム1.9」を一番安く買う方法

ビーグレン/ハイドロキノン配合Qusomeホワイトクリーム1.9を一番安く買う方法を紹介します。

【結論】ビーグレン公式サイトで定期お届け便を利用すれば、4,860定価6,480円の25%オフ)で購入し続けることができます。

以下、少しでもお得に買うための購入手順です。

  1. ビーグレンホワイトケアトライアルセットを公式ページで買う1944円(71%割引)
  2. 初回購入クーポン無期限1000円をゲット
  3. b.ポイント:3%還元(=58.32円)をゲット
  4. 定期購入で4本まとめ買い=25%オフ

*これに、不定期にもらえる各種クーポンや特別ポイントをつければ、さらに安く買えます。

シミのケアは最低数ヶ月はかかる長期戦です。そのため、長く安く買い続けることが大切になります。

参考:ビーグレン公式ページ

アマゾンでビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9を買うと割高

アマゾン最安値QuSomeホワイトクリーム1.9

アマゾンでは、ビーグレンのハイドロキノン配合シミ取りクリーム『QuSomeホワイトクリーム1.9』を買うと割高です。

ビーグレン公式* アマゾン**
QuSomeホワイトクリーム1.9 4,860円 6,015円〜

*すべて税込み・送料込, 定期便25%割引適用

**送料込

そして、Amazonではビーグレン公式でつく保証と特典がないため損をします。

楽天でビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9を買うと割高

楽天最安値QuSome ホワイトクリーム 1.9

楽天では、ビーグレンのハイドロキノン配合シミ取りクリーム『QuSomeホワイトクリーム1.9』を買うと割高です。

ビーグレン公式* 楽天**
QuSomeホワイトクリーム1.9 4,860円 6,996円〜

*すべて税込み・送料込, 定期便25%割引適用

**送料は含まれません

そして、楽天ではビーグレン公式でつく保証と特典がないため損をします。

まとめ:シミ取りクリームの一番コスパが良い購入方法

ビーグレンのハイドロキノン配合シミ取りクリームを一番コスパよく買う方法は次のとおりです。

ビーグレンをコスパ良く買う方法
  1. 初回はビーグレンの公式サイトで、トライアルセットを買う(71%オフ
  2. 次回以降は、ビーグレン公式サイトで定期購入でまとめ買いする(25%オフ

参考:ビーグレン公式ページ

安いシミ取りクリーム:ビーグレンと アンプルールのコスパ徹底比較 

お金

安いシミ取りクリームを比較しました。

比べたのは、ハイドロキノン配合シミ取りクリームの老舗で実績のあるビーグレンとアンプルールの2社。

どちらがお得なのか?コスパがいいのか?を徹底比較しました

ハイドロキノン配合シミ取りクリームのコスパの良い選び方

ハイドロキノンクリームのコスパの良い選び方のポイントを紹介します。

コスパ良く買うためのチェックポイント
  1. トライアルキットの割引率と保証は?
  2. 定期購入の割引率は?
  3. ポイント還元率は?

シミケアは長期戦になるため、長期での割引率がコスパよく買うためのキーポイントです。

では、この視点で、ビーグレンとアンプルールのどちらがコスパに優れるか比べていきます。

ビーグレンとアンプルールのシミ取りクリーム・トライアルセットのコスパ比較

安く買う方法を調べる

シミ取りクリーム・トライアルセットの定価は、ビーグレンよりアンプルールの方が僅差で安いです。

しかし、返金保証のあるビーグレンの方が、損をする心配がないためオススメです。

定期購入の割引率もビーグレンのほうが2.5倍も高いです。

ビーグレン

ビーグレンホワイトケアトライアルセット

アンプルール

アンプルールトライアルキット

トライアルセット価格 1,944円 1,890円
返金保証 365日間あり なし
定期購入割引 最大25%オフ 一律10%
ポイント還元率 3%(最大8%) 3%(最大13%

ビーグレン公式サイト

ビーグレンQusomeホワイトクリーム1.9とアンプルールの単品使い価格比較/ハイドロキノンシミ取りクリーム

ビーグレンのハイドロキノンクリーム「QuSomeホワイトクリーム1.9」の方がアンプルール「ホワイトコンセントレートHQ110」よりも安いです。

しかも定価でも定期購入でもビーグレンの方が安く買えます。

ビーグレン

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9

アンプルール

シミ取りクリームアンプルール

定価 6,480円 10,800円
定期購入割引後 4,860円 9,720円

ビーグレン公式サイト

ビーグレン・ホワイトケアセットとアンプルールのライン使い価格比較/ハイドロキノン配合シミ取りクリーム

ビーグレンの方がアンプルールよりも圧倒的に安く購入することができます。

ビーグレン アンプルール
ライン一式の合計金額* 28,722円 38,124円
定期購入割引価格 21,541円 34,312円

ビーグレン公式サイト

内訳は下のとおりです。

ビーグレンのライン一式の内訳

定価 定期購入割引*
合計金額 28,722円 21,542円
クレイウォッシュ 4,212円 3,159円
QuSomeローション 5,400円 4,050円
Cセラム 5,070円 3,803円
QuSomeホワイトクリーム1.9 6,480円 4,860円
QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7,560円 5,670円

*定期購入割引率=25%

アンプルールのライン一式の内訳

定価 定期購入割引*
合計金額 38,124円 34,312円
コンセントレートHQ110 10,800円 9,720円
ローションAO II 5,400円 4,860円
薬用アクティブフォーミュラ II 8,640円 7,776円
エマルジョンゲルEX 8,964円 8,068円
ウォッシングフォームN 4,320円 3,888円

*定期購入割引率=10%

ビーグレン公式サイト

安いシミ取りクリームを買ってはいけない理由

だめな口コミイメージ

ここでは、シミ取りクリームの中で値段が安いだけの化粧品を買ってはいけない理由を解説します。

安いだけのシミ取りクリームを買ってはダメな理由
  1. ハイドロキノン以外の美白成分は効果が弱すぎる
  2. 安いハイドロキノンクリームは安全性が低い

店頭で買える市販シミ取りクリームが安い理由

医薬品

シミ取りクリームの値段が安い理由は単純に開発コストが安いために様々なものを犠牲にしているからです。

つまり、上の繰り返しになりますが、安い理由はつぎの2つです。

  1. 美白成分の効果が弱すぎる(ハイドロキノンの1/100)
  2. ハイドロキノンの安全性・安定性を配慮していない

店頭で買える市販シミ取りクリームがおすすめできない理由

市販のシミ取りクリームはコスパが悪いため、おすすめできません。

その理由は、次のとおりです。

  • 理由1.プチプラのシミ取りクリームではシミは消えない
  • 理由2.実績のあるハイドロキノン配合シミ取りクリームは、公式サイトが一番安く買える

ドラッグストアで買えるシミ取りクリームはコスパが悪い理由

単純にプチプラ2000円以下のシミ取りクリームは安くて書いやすいけど効果が弱すぎるので、費用対効果(コスパ)が悪すぎるからです。

つまり、せっかく買っても無駄金になる可能性が高いのです。

くわしく見ていきましょう。

ドラッグストアで買えるプチプラな市販シミ取りクリームは効果が弱い

ドラッグストアで買えるプチプラなシミ取りクリームは美白成分の効果がハイドロキノンクリームの1/100しかありません。

たしかに安く見えますが、コスパはすごく悪い事実に気づきましょう。

マツキヨで買えるプチプラ2000円以下のシミ取りクリームの美白効果はハイドロキノンの1/100しかない

マツキヨで買える2000円以下のプチプラシミ取りクリームを調べてみたましたが、配合されている美白成分は、効果がハイドロキノンと比べて1/100の弱さのものばかりでコスパが悪いです。

以下、マツモトキヨシで買える美白ライン2000円以下のシミ取りクリーム売れ筋トップテンです。

価格 美白成分
ロート製薬 メラノCC 美容液 1080円 ビタミンC誘導体
ドウシシャ プラチナレーベル ハトムギ化粧水 880円 とくになし
桃谷順天館 Instawhite トーンアップクリーム 1166円 とくになし
石澤研究所 透明白肌 ホワイトローション 1296円 ビタミンC誘導体
資生堂 純白専科 すっぴん白雪美容液 1620円 m-トラネキサム酸
桃谷順天館 プラセホワイター 薬用美白アイクリーム 999円 プラセンタ
小林製薬 ケシミンクリームf 1490円 ビタミンC
ロート製薬 肌ラボ 白潤薬用美白化粧水 799円 アルブチン
第一三共ヘルスケア トランシーノ薬用ホワイトニングフェイシャルマスク 1944円 トラネキサム酸
ブレーンコスモス 美白乃美人 ホワイトニングクリーム 1598円 トラネキサム酸

店頭で買える市販の国産ハイドロキノン/シミ取りクリームはコスパが悪い

ドラッグストアやデパートなどの店頭で買える国産ハイドロキノンクリームは9000円以上の高価なものしかなく、ネット公式サイト販売のハイドロキノンクリームと比べると著しくコスパが悪いです。

ビーグレンのハイドロキノンクリームなら、トライアルセットが1944円、単品でも定期購入すると約4000円で購入できます。

くわしく実例を見ていきましょう。

ドラッグストアで買えるプチプラなハイドロキノン/シミ取りクリームは輸入品のみ

ドラッグストアには2000円以下のプチプラな国産ハイドロキノン配合シミ取りクリームはありません。

ドラッグストアで買える国産ハイドロキノンクリームは約10000円と高額です。

以下、実例です。

  • 国産:ロート製薬オバジHQブライトリングナイトセラム、9000円/10g、ハイドロキノン濃度非公開
  • 輸入品:デルミサ25g、1944円、ハイドロキノン2%
皮膚科で処方されるハイドロキノン軟膏は市販されていない

皮膚科用グラファメラノキュアHQ

皮膚科で処方されるハイドロキノン軟膏は市販では入手できません。

皮膚科では保険は効きませんが安いところでは1000円くらいから入手できます。

ただし、劣化しやすく1ヶ月程度で使えなくなります。

皮膚科向けの既成品ハイドロキノン軟膏の商品名としては、グラファメラノキュアHQ (ハイドロキノン3.9%)があります。

ドラッグストアで買える高濃度の市販ハイドロキノンクリームはない

ドラッグストアやデパートなどの店頭で買えるハイドロキノンクリームはロート製薬のオバジとエピステームHQレーザークリアの2つですが、どちらもハイドロキノン濃度を公表していません。

海外からの輸入販売であるデルミサのスキンフェイスドクリームは濃度が2%です。

ドラッグストアで買える国産ハイドロキノン配合シミ取りクリームはコスパが悪い

ドラッグストアやデパートで買える国産ハイドロキノンクリームのお値段は1万円前後と高額なわりに、実績や口コミが少なくコストパフォーマンスはとても悪いです。

ドラッグストアで安心して買える安いハイドロキノンクリームはない

ここまでの結論をいったんまとめると、ドラッグストアのハイドロキノンクリームには次の2つの欠点があります。

  • 国内ブランドは約10000円前後する。
  • 海外ブランドは2000円くらいで買えるが安全面が不安。

つまり、コストパフォーマンの良い人気のハイドロキノンクリームを公式サイトで買った方が賢明です。

マツキヨで買えるハイドロキノンクリームは高価なオバジのみ

ロート製薬オバジHQブライトリングナイトセラム

マツモトキヨシでお手軽に購入できるハイドロキノン配合シミ取りクリームは、ロート製薬「オバジHQブライトリングナイトセラム」のみです。

しかし、定価が9000円と非常に高く、ハイドロキノン濃度も公表されていないためオススメできません。

「オバジHQブライトリングナイトセラム」は、マツモトキヨシの他に、くすりの福太郎、ショップイン、スギ薬局、PLAZA、ロフト、ココカラファイン、アインズ&トルペ、コクミンドラッグ、アメリカンファーマシー、イトーヨーカドーなどで購入できます。

サンドラッグで買えるハイドロキノンは輸入品のデルミサのみ

デルミサスキンフェイドクリーム

サンドラッグでは、海外ブランド「デルミサ」のハイドロキノンクリームが購入できます。海外ブランドですので、サポート体制が不安です。

デルミサ スキンフェイドクリーム 25g 1944円 ハイドロキノン2%

デルミサ スキンフェイドクリームはサンドラッグの他に、スギ薬局、シャンブル、ロフト、ミニプラ、ローズマリー、アインズ&トルペ、東急ハンズ、ツルハドラッグなどで購入可能です。

デパートなどの店舗で売っているハイドロキノン配合シミ取りクリームは高価

ロート製薬エピステームHQレーザークリア

ロート製薬 エピステームHQレーザークリア13000円(税抜き)がデパートで買えますが、非常に高価です。

ロート製薬 エピステームHQレーザークリアは、伊勢丹新宿店、東部池袋店、高島屋横浜店、高島屋京都店、阪急うめだ本店、大丸福岡天神店、イセタンミラー東京ミッドタウン日比谷店、フルーツギャザリング二子玉川ライズ店などで購入できます。

ダイソーでハイドロキノン配合シミ取りクリームは売っていない

ハイドロキノン配合シミ取りクリームはダイソーなどの100均には売ってません。

ドンキホーテで売っているハイドロキノン配合シミ取りクリームは買わない方がいい

アイジャムストロベリー

ドン・キホーテでは、ハイドロキノン配合の化粧品?としてアイジャム ストロベリーが1200円で売っています。

しかし、ハイドロキノン配合量も不明ですし、日本国内の化粧品データベースにもない商品ですので、おすすめできません。

はっきり言って、怪しいです。

生協で売っていたハイドロキノン配合シミ取りクリーム

生協の共同購入で、デルミサ スキンフェイドクリームが売っていたと口コミ情報があります。

海外メーカーの輸入販売なので、安全性やサポートが心配ですね。

生協の共同購入のチラシで、デルミサのハイドロキノンクリームを購入したことはあります。
もし、お近くに生協がおありでしたら、お問い合わせになってみてください。でも、皮膚科処方の方が、断然効きますよ。
私の場合は、保険適用外でしたが、それでも3,000円でした

ヤフー知恵袋より

通販で買える安いシミ取りクリームはコスパが悪い2つの理由

通信販売

通販で買える安いシミ取りクリームは、コスパが悪い理由を徹底解説します。

通販の安物クリームのコスパが悪い理由は店頭市販品と同じく2つです。

コスパが悪い理由
  1. ハイドロキノン以外のシミ取りクリームは効果が弱すぎる
  2. ハイドロキノンクリームは安全性が保証されていない

通販 で安いハイドロキノン配合シミ取りクリームを買ってはいけない理由

Amazonや楽天では、転売物や個人輸入物などの非正規品が安く売られています。

ですので、副作用に対する安全性や保証を考えると、正規品との見分けがつかない人は損をする可能性が高いです。

以下、具体的に解説していきます。

アマゾンでシミ取りクリームを買わない方がいい理由

Amazonで販売されているシミ取りクリームは、転売物の非正規品や個人輸入したものまで、かなり怪しげなものが混じっています。

そして、ほとんど場合、公式サイトで買った方が安く買うことができます。

まれに公式サイトより転売ものが安く売られていることがありますが、非正規品には返金保証や各種特典がつきませんので注意しましょう。

楽天で人気のシミ取りクリームを買わない方がいい理由

理由はAmazonと同じです。

Amazonとの違いは、楽天の方が公式サイトよりも確実に値段が高い点です。

安易に買うとAmazon同様に損をしますので注意しましょう。

通販で人気のハイドロキノン/ シミ取りクリーム 濃厚本舗 『NOKOホワイトクリーム』をお勧めできない理由
濃厚本舗2%ハイドロキノンクリーム

Amazon、楽天などで人気のNOKOホワイトクリームは、ハイドロキノンは2%配合、お値段は1296円のプチプラ・ハイドロキノンクリームです。

実績のあるハイドロキノンクリームとの違いは次の6点。

  1. 冷蔵庫保存しないと劣化する
  2. 3ヶ月以上の連続使用ができない
  3. 朝晩2回使用のため別途日焼け止めが必要
  4. 安価なトライアルセットがない
  5. 返金保証制度がない
  6. 24時間フリーダイヤルサポートがない

しかし、一番気になるのは公式サイトも簡易なものしかなく、問い合わせ先は代表のメールアドレスと有料ダイヤル(受付時間/12:00~17:00、土日/祝日を除く)があるだけで、サポート体制はかなり弱そうです。

副作用などで健康被害が起きたときに緊急の相談をすることは難しいでしょう。

この辺が値段の安さとのトレードオフになっているのでしょう。

通販のガールズラボのシミ取りクリームは詐欺の噂がある

通販サイト『ガールズラボ』は一時期詐欺の噂でもちきりでしたが、現在はサイトも停止しています。

通販のニッセンのシミ取りクリームはメーカー不明

通販のニッセンではメーカー不明のシミ取りクリームが売られています。

買わない方が賢明です。

通販で買える他のハイドロキノン/シミ取りクリームとショップとお勧めできない理由

その他の通販で買えるハイドロキノンクリームと通販ショップを紹介します。

これらのハイドロキノンクリームをお勧めできない理由も解説します。

ネット通販のハイドロキノン粉末でクリームを自作してはいけない理由

ハイドロキノン原末(アマゾン)

ネット通販では、驚くべきことにハイドロキノンの試薬原末の非正規品が売っています。

これを原料に自作美白コスメを作ろうとしている人がいますが、マネしないで下さい。

ハイドロキノンは不安定な物質で簡単に毒性の強いベンゾキノンに変化するからです。

自作行為はおそらく薬事法にも違反しています。

ネット通販で売っている高濃度のハイドロキノン/シミ取りクリームを勧めない理由

高濃度ハイドロキノン化粧品

健康被害に合わないためにもネット通販で売っている高濃度のハイドロキノンクリームは買わない方が賢明です。

理由はつぎの2つです。

  • 理由1:ハイドロキノンは刺激性の強さから、アメリカFDAの化粧品規制では配合量は2%までしか認可されてません。EUでは化粧品への配合が禁止されています。
  • 理由2:日本ではハイドロキノンの化粧品濃度規制がないことをいいことに、皮膚科以上の高濃度ハイドロキノンクリーム、たとえば、5%や10%濃度が普通に市販されていて、安全への配慮がなさすぎるからです。
  • アメリカFDAでは2%以上のハイドロキノンは医師の処方が必要になります。
ネット通販でトレチノインを買ってハイドロキノンと併用していはダメな理由

法律違反だからです。トレチノインは医師の処方のもとでしか使えません。
個人が勝手に使うと、

  1. トレチノインは副作用の強い薬のため、健康被害の恐れがあります
  2. 法律違反になります

ネットで個人輸入品が簡単に買えますが、決して買ってはいけません。

通販のウエルシアでハイドロキノンを買わない方がいい

通販のウエルシアでもプチプラなハイドロキノン『RBP メガミノホワイティ』が買えますが、詳細が不明なマイナーブランドしか扱ってないので買わない方が賢明です。

くすりの福太郎の業務用ハイドロキノンは買わない方がいい

5%濃度の業務用ハイドロキノンが薬の福太郎でも買えますが、あくまでも業務用ですので一般人は買わない方が賢明です。

信頼できる化粧品を買うか、皮膚科を受診して下さい。

通販のベルメゾンネットでハイドロキノンを買わない方がいい理由

通販サイトのベルメゾンネットでは、アンプルールやデルミサなどのハイドロキノンクリームが買えます。

しかし、いくつかの懸念点があるため、購入はお勧めできません。

  1. アンプルールはメーカーのサポートが受けられるのか明記されていません。
  2. アンプルールは定期購入やキャンペーン価格が反映されないため公式よりも値段が高いです。
  3. デルミサが海外からの輸入化粧品ですので、サポート体制性に不安を感じる人は買うべきではないでしょう。

輸入シミ取りクリームを買わない方がいい理由

インドのシミ取りクリーム・ユークロマクリームによる健康被害

ハイドロキノンやトレチノインなどの輸入クリームを使ってはいけない理由を徹底解説します。

理由は、厚生労働省が警告しているように健康被害の恐れ(上の画像)があるからです。

輸入シミ取りクリームの購入ルートはつぎの3つです。

買ってはいけない輸入品の購入ルート
  1. ネット個人輸入代行店の通販、
  2. Amazonなどでの転売、
  3. 輸入クリーム販売店舗

買ってはいけない!個人輸入できるハイドロキノンとお店

個人輸入できるハイドロキノンと、併用目的で使うトレチノイン、それが買える店を紹介しますが、決して買ってはいけません。

上にも書きましたが、健康被害がすでに発生しているからです。

ハイドロキノンの個人輸入が注目されている理由1: 安いから

個人輸入では、ハイドロキノンクリームは国産メーカーよりも明らかに安く買えます。

そして、皮膚科でしか処方してもらえないはずのトレチノインもなぜか買えてしまいます。

ですが、健康被害に合いたくなければ買ってはいけません。

ハイドロキノン/シミ取りクリームの個人輸入が注目されている理由2:高濃度だから

個人輸入でハイドロキノンを買うと、皮膚科処方と同じ高濃度タイプを買うことができます。

でも買ってはいけませんし、医師の処方なしに高濃度ハイドロキノンを使っては危険だからです。

買ってはいけないハイドロキノン/シミ取りクリーム海外通販サイト『 バイマ(BUYMA)』

良い子は買ってはいけないお店その1は、ハイドロキノンの海外通販サイト:BUYMA(バイマ)です。

驚きの安さですが、決して買ってはいけません。健康被害の恐れがあります。

一応、バイマの取扱いシミ取りクリームを書いておきます。

  • ユークロマ 800円〜
  • ナディノラ 1900円〜
  • デラニンクリーム 660円〜
  • レチノA(トレチノイン0.05%) 1300円〜
  • レチンAクリーム 0.05% 700円〜
買ってはいけないハイドロキノン/シミ取りクリーム個人輸入代行『 オオサカ堂』

良い子は買ってはいけないお店その2は、個人輸入代行で有名な『 オオサカ堂』です。

バイマほどではありませんが安いです。ですが、買ってはいけません。健康被害の恐れがあります。

以下、オオサカ堂で取り扱っているシミ取りクリームの一例です。

  • ナディノラ:ハイドロキノン3% 64g 1527円〜
  • ユークロマ:ハイドロキノン4% 1200円〜
  • ビハクエン:トレチノイン0.1% 3260円〜
買ってはいけない輸入ハイドロキノン/シミ取りクリーム激安通販『 Qoo10』

良い子は買ってはいけないお店その3は、激安通販『 Qoo10』です。

安いですが、健康被害に合いたくなければ、買ってはいけません。

以下、Qoo10の取扱シミ取りクリームの一例です。

  • ユークロマ 830円〜
  • ナディノラ 2720円〜
買ってはいけないハイドロキノン/シミ取りクリーム個人輸入代行『 ベストケンコー』

良い子は買ってはいけないお店その4は、個人輸入代行『 ベストケンコー』です。

単品買いでは安くありませんが、まとめ買いすると安いです。ですが、健康被害の恐れがありますので、買ってはいけません。

以下、ベストケンコー取扱のシミ取りクリームの一例です。

・コスメライトクリーム – ¥3,024
・ユークロマプラス – ¥3,180
・ユークロマクリーム – ¥2,144

買ってはいけないハイドロキノン/シミ取りクリーム個人輸入代行『 オランダ屋』

良い子は買ってはいけないお店その5は、個人輸入代行『 オランダ屋』です。

プチプラですが、買ってはいけません。

以下、オランダ屋取扱にシミ取りクリームの一例です。

  • ユークロマ/1263円〜
  • ビハクエン/ハイドロキノン4%/2530円〜
  • コスメライトクリーム/ハイドロキノン 2% /トレチノイン 0.025%/1481円
  • メラケアクリーム/ハイドロキノン 2%/トレチノイン 0.025%/1470円
  • BIHAKUENトレチノイン0.025% /2780円
買ってはいけないハイドロキノン/シミ取りクリーム個人輸入代行『 ユーアップ』

良い子は買ってはいけないお店その6は、個人輸入代行『 ユーアップ』です。

他の個人輸入代理店と比べるとかなり高めの値段設定で、ブランドも良くわからいものを扱っています。実績のあるハイドロキノンクリームの公式サイトの方がよほど安く買えます。

新大久保薬局の韓国コスメ・シミ取りクリームは買わない方が賢明

プチプラで買えますが、有効成分などが不明です。使わない方が賢明でしょう。

海外でシミ取りクリームは直接買うのもダメな理由

バンコク

これまで書いてきた海外シミ取りクリームは、海外旅行中に直接買うことも可能です。しかし、健康被害のリスクは個人輸入と同じですので、購入は控えるべきでしょう。

例えば、タイのブレズ薬局で直接買えば、デラニン、レチンaはプチプラで確実に買えます。

安いシミ取りクリームの手作りを勧めない理由

薬

安いシミ取りクリームの手作り方法はネットに公開されています。

たとえば、下のようなものです。

しかし、素人が安易に自作して使うと事故の元です。

自粛しましょう。

安いシミ取りクリーム:皮膚科クリーム の値段は?

医師

皮膚科のシミ治療にかかる費用は病院によってかなり違います。

ハイドロキノンクリームの値段は確かに安いですが、使用期限が1ヶ月以内であること、保険が効かないこと、診察代がかかることを考慮すると、けっして安価ではありません。

市販されているビーグレンなどのシミ取りクリーム費用とさほど変わらないかもしれません。

しかし、皮膚科でしか処方してもらえないシミ取りクリームもありますので、いくつか紹介しておきます。

関連ページ:【シミ取りクリーム市販vs皮膚科の効果】口コミランキング

皮膚科調剤薬局で処方してもらえる安定型ハイドロキノン『SHQ-1』

病院専用の安定型徐放性ハイドロキノンSHQ-1シードクリーム全国所定の病院で処方してもらうことができます。

正式名称は、つぎのとおり。

安定型徐放性ハイドロキノン(SHQ-1)配合「シードナイトクリーム」(夜用クリーム)

保険適用外ですので、自費診療になります。

簡単に説明すると、従来のハイドロキノンの安定性を改良したタイプの美白薬です。劣化しにくく、ピリピリしないと評判のようです。

東京都 皮膚科専門医先生 医療従事歴 35年
25年程前よりハイドロキノンを処方してまいりました。従来は患者さんの体質や体調によって、 わずか1~2回の使用で赤みや痒み、ヒリツキ感、接触性皮膚炎を起こす方もいらっしゃいました。 そのため色々なハイドキノンを試してみましたがクレームがなくなりませんでした。しかし、平成16年よりSHQ-1に切り替えてから一切のクレームがなくなりました。
引用:Life Change Cosmeticより

薬局製剤として使われるハイドロキノンクリームは医師の処方なしには入手できません

皮膚科用グラファメラノキュアHQ

病院専用のハイドロキノン軟膏には『クラファメラノキュアHQジェル』のように既成のものと、院内製剤として作られるものがある。

これらは、医師の処方なしには入手できません。

皮膚科のシミ治療やハイドロキノンクリームには保険適用されない

当たり前ですが、皮膚科のシミ治療は保険が効かず、自費診療になります。病院によって治療費や薬代がかなり違うので、事前に確認した方が良いでしょう。

ちなみに、人気のシミ取りクリームで自宅でお手軽にシミをケアする場合は、1800円(返金保証付き)で始めることができます。受診前に試してみるのも良いかもしれません。

人気のシミ取りクリームはこちら