シミ取りクリーム口コミランキング/効果あるハイドロキノンの選び方

失敗しないシミ取りクリームの選び方を知りたくありませんか?

この記事では、シミ取りクリーム口コミランキングから効果の高いハイドロキノン化粧品の選び方を紹介します。

シミ取りクリーム選びで失敗したくない人は必見です。

【シミ取りクリーム口コミランキング】効果的な選び方

シミ取りクリームの選び方3つのポイント
選ぶポイント その理由
ハイドロキノン配合 ハイドロキノンは他の美白成分よりも100倍効果が高い
優れた浸透力 どんなに優れた成分もシミまで届かなければ意味がない
返金保証 満足できなければ、全額返金してもらえる
この3つの条件を満たしているシミ取りクリームはビーグレンだけです。

参考:ビーグレンのシミ取りクリーム公式サイト

シミ取りクリームの口コミランキング

評価が高くて、安全性対策が十分なシミ取りクリームをランキング
1位 ビーグレン

ビーグレン 『ホワイトケアトライアルセット』(ハイドロキノン配合シミ取りクリーム)

ドクターズコスメのビーグレンは、独自の技術でハイドロキノンの欠点を解決し、高い浸透力と安全性を実現しました。
評価
ポイント 独自の浸透技術でハイドロキノンがシミまで届く、低刺激性
トライアル版 1,944円で試せる
返金保証 365日全額返金保証・24時間フリーダイヤルサポート

ビーグレンの口コミ「美白効果あり」

50代前半 / 女性 / 敏感肌 / 主婦

1本使い切るとたしかにシミが薄くなりました。日焼けしてしまった時は頼れるアイテムです。

引用元:ビーグレン公式サイト

ビーグレンの口コミ「シミが薄くなってきた気がします!」

40代前半 / 女性 / 普通肌 / 研究・開発

元々シミが多く、特に頬にある大きなシミが気になり使い続けていますが、薄くなってきたように思います。効果を感じられると嬉しくて何回も鏡でチェックしちゃいます。美白肌に近づけるよう、今後も継続して使っていきます。

引用元:ビーグレン公式サイト

参考:ビーグレンのシミ取りクリーム公式サイト

2位 アンプルール

アンプルール 『ラグジュアリーホワイトトライアルキット』(ハイドロキノン配合シミ取りクリーム)

市販シミ取りクリーム:アンプルトライアルセット
ドクターズコスメのアンプルールは、独自の新安定化ハイドロキノンを配合し、安全性に配慮しています。
評価
ポイント 有効成分ハイドロキノンを安定化、低刺激性
トライアル版 1890円で試せる
返金保証 なし
アンプルールの口コミ「気になるシミが消えて」

37歳 / 女性 / 普通肌

このスポット美容液+美白美容液は3ヶ月ごとの定期購入をしています。
確かに徐々にではありますが、気になるシミが消えてきました。今ではうっす~らという感じです。

引用元:アットコスメ

参考:アンプルールのシミ取りクリーム公式サイト

3位 セルピュア

セルピュア「ブライトニングクリスタル」/市販シミ取りクリーム(ハイドロキノン配合)


評価
ポイント 5%純ハイドロキノン配合
トライアル版 なし(価格:4860円)
返金保証 なし
セルピュアの口コミ「シミが薄く」

43歳 / 女性 / 混合肌

美白は時間がかかるので長いスパンで見ていましたが2ヶ月ほどで気にならない程度にシミが薄くなりました。

引用元:アットコスメ

参考:セルピュアのシミ取りクリーム公式サイト

4位 オバジHQ

ロート製薬オバジHQ「ブライトニングナイトセラム」/市販シミ取りクリーム(ハイドロキノン配合)

市販シミ取りクリーム:ロート製薬オバジHQ「ブライトニングナイトセラム」
評価
ポイント 安定化ハイドロキノン配合
トライアル版 なし(価格:9000円税別)
返金保証 なし
オバジHQの口コミはありませんでした。
5位 サンソリット

サンソリット「ホワイトHQクリーム」/市販シミ取りクリーム(ハイドロキノン配合)

市販シミ取りクリーム:サンソリットホワイトHQクリーム
評価
ポイント 4%ハイドロキノン(皮膚科で取扱実績あり)
トライアル版 なし(価格:7000円税別)
返金保証 なし

シミ取りクリーム口コミランキングでビーグレンが1位の理由

シミ取りクリーム:ビーグレンが一位の理由
1位のポイント その理由
浸透力が優れている 医療分野でも使われている独自技術でシミまで速やかに届く
室温で保存できる 室温保存できるので、外泊や旅行時も携行できる
返金保証 満足できなければ、全額返金してもらえる
この3つの条件をすべて満たしているシミ取りクリームはビーグレンだけです。

参考:ビーグレンのシミ取りクリーム公式サイト

理由1:『ビーグレン』のシミ取りクリームは浸透力が優れている

シミ取りクリーム・ビーグレンのQuSome技術

ビーグレンは、独自のQuSome技術で、他のハイドロキノン製品よりもシミまで速く確実に届きます。

ビーグレンが独自技術で解決したハイドロキノンの欠点は次の3つ。

解決したハイドロキノンの欠点
  1. 『肌に普通に塗っても十分に届かない』
  2. 『刺激が強い』
  3. 『酸化しやすく、製品の安定性が悪い』

これらの欠点を解決することで、従来のハイドロキノンでは実現できなかった3つのメリットが生まれました。

ビーグレンのメリット
  1. シミに確実に届くので、早く効く
  2. 低刺激性
  3. 安定的に、効果を発揮する

ビーグレンのハイドロキノン濃度は1.9%です。刺激の強い高濃度のハイドロキノン化粧品が多い中、ビーグレンは米国FDAの化粧品規制厚生労働省の指導をダブルで守っているため、安心して使えます。

理由2:ビーグレンのシミ取りクリームは常温保存のため外泊や旅行に持っていける

ほとんどのハイドロキノン配合シミ取りクリームは冷蔵保存が必要です。皮膚科でも市販でそうです。

しかし、ビーグレンは室温保存ができますので、外泊時や旅行時にも持参でき、シミのお手入れができます。

理由3:ビーグレンのシミ取りクリームは365日返金保証

もし、ビーグレンのシミ取りクリームがご自分のお肌に合わなかったり、効果に満足できなくても全額返金保証があるので安心です。

ビーグレンはフリーダイヤル相談窓口が24時間365日稼働しています。24時間年中無休のサポートはビーグレンだけです。

参考:ビーグレンのシミ取りクリーム公式サイト

シミ取りクリームランキング/良い口コミと悪い口コミ

シミ取りクリーム:ビーグレンの口コミ

シミ取りクリーム口コミランキングで1位のビーグレンの口コミから、美白効果を実感できているのかを調べてみました。

ビーグレンのシミ取りクリーム: アットコスメの顔に使ってみた口コミ

アットコスメから良い口コミと悪い口コミを探してみました。

良い口コミ「シミがほぼ消えた」

39歳女性/乾燥肌

目の下にシミがあり、試してみました。
値段の割には量が少なく高いかなと思いましたが、夜のみの使用なので意外と
もちが良いです。
サラサラした感じで使いやすいです。

最初お試し1週間セットを購入しましたが、さすがに1週間でシミが消えるという事は
ありませんが、肌がものすごくきれいになりました。
その後、こちらのみ単品で購入し1本使いましたが特に効果はありませんでした。
数ヶ月あけて5ミリ位のシミが2つになってしまい、もう1本購入し、今あとちょっとで
2本使い終わるところですが、気付いたら、最初にあった目の下のシミがほぼ消えていて
新しく出来たシミも小さくなっていました。

毎日コンシーラーで消してファンデ塗ってたのですが、シミがなくなってたことにまったく気付きませんでした。

このまま使用し続ければもう一つのシミも消えるかなと楽しみにしてます。
以前アンプルールを使用しましたがまったく消えなかったのですが、こちらは
本当におすすめです。

引用元:アットコスメ:QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレン独自のQuSome技術のおかげで、お肌への浸透性の高さを実感しているコメントが多かったです。

悪い口コミ「肌に合わなかったけど、全額返金してもらえた」

30歳女性/敏感肌

パッチテストも何もせず塗ったら、真っ赤になって色素沈着みたいになってしまいました。ハイドロキノンが合わなかったのかなぁ。。

定期購入だったので、勿体ないけど空いてない化粧水とジェルだけ返品して解約しようとしたら、1/3位使ってある洗顔料やCセラムなども一式全部返品OKで全額返金してくれるとのこと。

しかもオペレーターさんはずっと肌の状態を気にしてくれて対応がすごかったです。
有効成分が強いようなので使う前にパッチテストおすすめします。

引用元:アットコスメ

化粧品と肌との相性は個人差があるため、中には相性の悪い人もいます。

でもビーグレンは、サポート体制がしっかりしているので、全額返金してもらえて安心ですね。

参考:ビーグレンのシミ取りクリーム公式サイト

シミ取りクリーム『ビーグレン』 公式サイト口コミレビュー

ビーグレン公式サイトの使用レビューの総合評価は☆6点満点中☆5の高評価でした(レビュー数2732件)。

良い口コミ「肌のくすみがなくなりました」

毎日使い始めて2ヵ月が過ぎました。目尻の近くにある1番気になるしみは相変わらずですが、鼻とほお骨の辺りに点在しているしみ・そばかすが、うっすら薄くなってきたように思います。同時に顔のくすみがとれた気がしてワントーン明るい肌になったような気がします。主人や母にはその変化がいまいちわからないようですが、自分の中では何かを感じて毎朝、鏡をのぞいてしまいます。

引用元:ビーグレン公式サイト

この方も長く使い続けて美白ケアに手応えを感じているようです。シミ予防や美白ケアは日頃からコツコツ続けることが大切ですね。

悪い口コミ「継続して使うことが重要かな」

これは私ではなく60代の母が使っています。シミを気にしているので、評価の高かったこちらを、ためしに使ってみたら?とプレゼントしました。
夜しかつけられないので、楽でいいのですが、まだ実感は無いそうです。できてしまったシミを薄くするのは大変そうです。

引用元:ビーグレン公式サイト

頑固なシミは市販のシミ対策化粧品ではケアできないので、信頼できる皮膚科に治療をお願いするのが賢明かもしれませんね。

関連ページ:【ビーグレン/口コミ】シミ対策ホワイトクリーム1.9が効く条件

シミ取りクリーム口コミランキングの評判を口コミサイトで比べてみた

アットコスメでは、ビーグレンが☆7点満点中☆5点前後で、ランキングの他のクリームよりも評判がよかったです。オバジHQは口コミ自体がありませんでした。

品名 評価点(満点☆7)
ビーグレン ☆5.1
アンプルール ☆3.8
セルピュア ☆3.3
オバジHQ ☆0
サンソリット ☆4.3

アットコスメで人気のシミ取りクリームの口コミ評価を比べてみた

ビーグレンのハイドロキノン配合シミ取りクリーム『Qusomeホワイトクリーム1.9』が一番☆が多く、評価が高いです。

品名 評価点(満点☆7)
ビーグレン『Qusomeホワイトクリーム1.9』 ☆5.1
アンプルール『ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110』 ☆3.8
セルピュア ブライトニングクリスタル ☆3.3
濃厚本舗 NOKOホワイトクリーム ☆4.4
プラスナノHQ ☆4.9

テレビで話題のシミ取りクリーム の口コミを調べてみた

シミがポロッと剥がれると話題のシミ取りクリームの広告やTV報道の真偽を調べてみました。

シミ取りクリームのシミが剥がれる広告は嘘広告の恐れがある

一部のシミ取りクリームの誇大広告が薬事法や薬機法に違反していると話題になっていますので、広告に騙されないように消費者は注意が必要です。

話題の広告で有名なシミ取りクリーム『アルバニア』の@コスメでの評価は☆7点満点中☆1.3とかなり低めでした。

シミがポロッと剥がれる広告で話題のシミ取りクリーム 『アルバニア・ホワイトニングクリーム』の口コミを調べてみた

下のような広告を批判する口コミが多いですが、現在は広告内容が修正されています。

シミがポロリと…の広告に期待を持って2本セットを購入。
もうすぐ使い終わりですが全く効果なし。
しっとりな塗り心地で保湿にはなるかも…ですがシミへの効果はゼロ
残念すぎる商品です

引用元:アットコスメ

『アルバニア』のようにTV報道の影響で予約いっぱいのシミ取りクリームは注意が必要

テレビ報道や誇大広告の影響で品薄になるシミ取りクリームは、誇大表現の恐れがあります。

失敗しないためにも、広告内容をチェックして真偽を確かめてから購入するか決めるのが賢明です。

シミ取りクリーム のテレビ報道の話題について調べてみた

シミ取りクリームはテレビ番組でも紹介されていますが、内容の真偽に疑問をもつ人が多いようです。

シミ取りクリームを使っている芸能人・女優・モデルの情報発信はステマか?

シミ取りクリームを愛用している芸能人がその効果をSNSや個人ブログで発信しています。

ですが、広告リンクがあるものはステマの可能性があるので、話半分に見ておくのが賢明でしょうね。

NHKためしてガッテン!の特効薬シミ取りクリーム の報道

シミ取りクリームでシミがポロリと剥がれるような映像が流れていました。

しかし、皮膚科のシミ治療以外では、そのような劇的な効果は望めないので誇大表現の恐れがありますね。

ホンマでっかTVのシミ取りクリーム のシミが消える報道の真相は?

こちらでも、シミ取りクリームでシミが消える映像が流れていましたが、皮膚科のシミ治療以外では、そのような劇的な効果は望めないので誇大表現の恐れがあります。

ハイドロキノン配合シミ取りクリームの使ってシミが消えた体験談のブログの真相

ハイドロキノン配合のシミ取りクリームの体験ブログ記事が多く発信されてます。

しかし、広告リンクが貼ってあるものについてはステマの可能性があるので、話半分に読んでおいた方が賢明です。

また、日本の皮膚科がシミ治療に使っているような強力な市販シミ取りクリームを個人輸入サイトで買って使った体験記もネット上には多くあります。

ですが、安易に真似ると健康被害の恐れがあるので注意しましょう。

シミ取りクリームの口コミランキング/成分を比較

口コミサイト、ドラッグストア、通販サイトで売れ筋人気ランキングを調べてみました。

その結果、ハイドロキノン製品を選ぶにはあまり参考にならないことがわかりました。

成分比較/マツキヨ人気ランキング上位のシミ消しクリーム

ドラッグストア『マツモトキヨシ』の市販美白化粧品のランキングをみてみましょう。

マツキヨで上位にランクインする美白化粧品にはハイドロキノンは含まれていません。

値段の安さ以外にメリットはなさそうです。

順位 品名 有効成分
1位 メラノCC 薬用 しみ 集中対策 美容液 ビタミンC誘導体
2位 メラノCC 集中対策マスク ビタミンC誘導体
3位 メラノCC 集中対策マスクMK ビタミンC誘導体
4位 ブランホワイト ホワイトニングローション ビタミンC
5位 ブランホワイト クリアローション アルブチン

引用:マツモトキヨシ公式website(2018年10月時点)

成分比較/アットコスメランキングのハイドロキノン配合シミ取りクリーム 

1位のアンプルール以外は刺激性の強いハイドロキノンに対して安全性対策が不十分な印象を受けます。

皮膚科レベルの4%高濃度の製品も上位にランクインしているので、このランキングを鵜呑みにして購入すると健康被害に合う恐れがありますね。

順位 品名  ハイドロキノン
1位 アンプルール ラグジュアリーホワイト ローションAO II 濃度非公開
2位 プラスキレイ プラスナノHQ 4%
3位 サンソリット スキンピールバー ハイドロキノール 濃度非公開
4位 NOKO ホワイトクリーム 2%
5位 ドクターリセラ リセッター 4%

引用:@コスメ(2018年10月時点)

成分比較/楽天売れ筋ランキングのハイドロキノン配合シミ取りクリーム

価格の安さが受けて、研究設備を持っているか分からないような会社が上位にランクインしています。

安全性や技術的な裏付けがあるのか心配になります。

順位 品名  ハイドロキノン
1位 濃厚本舗NOKOホワイトクリーム 2%
2位 ハイドロ クリームSHQ-10 10%
3位 ハイドロクリームPHQ-2 2%
4位 旭研究所 皮膚科用ハイドロキノン 5%
5位 ハイドロキノンゲル10% 10%

引用:楽天市場(2018年10月時点)

ハイドロキノン製品は肌への刺激が一番の注意事項ですので、実績のあるドクターズコスメから選ぶのが賢明でしょう。

男性用のシミ取りクリームのランキング は?

シミ取りクリームは男女共用ですので、女性向けのランキングからお好みで選べます。

CMでお馴染みのメンズケシミンは有効成分が弱いので、ハイドロキノン配合の化粧品から選ぶのをおすすめします。

ただし、肌への相性があるので、トライアルキットなどで確認するのがおすすめです。

シミ取りクリームの機能を皮膚科・通販・市販品で比較

皮膚科・通販・市販シミ取りクリームとビーグレンを徹底比較しました。その結果、ビーグレンは機能面でとてもバランスが良いことがわかりました。

関連ページ:【市販シミ取りクリームvs皮膚科の効果】口コミランキング

効果抜群!最強のシミ取りクリーム『皮膚科処方クリーム』とビーグレンを比較

最強のシミ取りクリームは皮膚科処方のハイドロキノンクリームです。

ビーグレンと比べた結果は下のとおり。

皮膚科

皮膚科の軟膏

ビーグレン

ビーグレンホワイトケアトライアルセット

即効性 ◎ あり ◯ ふつう
ピリピリ感 △ 強め ◎ 無〜弱い
浸透力 △ 悪い ◎ 良い
安定性 △ 悪い ◎ 良い

即効性では皮膚科クリームに負けますが、刺激の少なさ、安定性、浸透力ではビーグレンです。

楽天で人気のハイドロキノン配合シミ取りクリーム 『NOKOホワイトクリーム』とビーグレンを比較

価格の安さ以外は、ビーグレンが圧勝でした。

NOKO濃厚本舗2%ハイドロキノンクリーム ビーグレンビーグレンホワイトケアトライアルセット
即効性 △弱い ◯ふつう
ピリピリ感 △やや強い ◯無〜弱め
浸透力 △悪い ◎良い
安定性 △悪い ◎良い
トライアル版 ☓ない ◎ある
返金保証 ☓ない ◎ある
電話サポート
△日中のみ ◎24時間
△平日のみ
◎365日
値段 ◎1296円 ◯1944円


オールインワン型シミ取りクリーム とビーグレンを比較

オールインワン化粧品は、ランキングに登場した『シミウスジェル』と比べました。

ピリピリ感(刺激の少なさ)と値段以外は、ビーグレンが優れています。

オールインワンシミウスジェル画像 ビーグレンビーグレンホワイトケアトライアルセット
即効性 △ 無い ◯ ふつう
ピリピリ感 ◯ 無い △ 無〜弱め
浸透力 ◯ ふつう ◎ 良い
安定性 ◯ ふつう ◯ ふつう
トライアル版 ◯ 4099円 ◎ 1944円
返金保証 ◯ 30日間 ◎ 365日間
電話サポート
◯ 夜9時まで ◎ 24時間
◎365日
◎365日
値段* ◎4099円 ◯4860円

*ビーグレンはQuSomeホワイトクリーム1.9(定期購入割引価格)

化粧水型のシミ取りクリーム と夜専用ビーグレンを比較

全体的に、ビーグレンが優れていました。

化粧水は安定型ハイドロキノン配合のアンプルール『ラグジュアリーホワイト
ローションAO II』と比べました。

特徴 化粧水アンプルール化粧水 ビーグレンビーグレンホワイトケアトライアルセット
即効性 △弱め ◯ふつう
刺激の少なさ ◯無〜弱め 無〜弱め
浸透力 ◯ふつう ◎良い
安定性 ◎良い ◎良い
トライアル版 ◎1890円 ◎1944円
返金保証 ☓無し ◎あり
電話サポート
早朝深夜はなし ◎24時間
◎365日
◎365日
値段* ◯5400円 ◯4860円

*ビーグレンはQuSomeホワイトクリーム1.9(定期購入割引価格)

化粧品としての効力は、夜専用クリームのビーグレン『QuSomeホワイトクリーム1.9』の方が優れています。

シミ取りクリームは最新の人気シミ対策化粧品から選ぶ方がいい?

顔など目立つ肌につけることが多いのと、刺激の強いシミ取りクリームもあるため、ある程度実績のある市販品から選ぶのが賢明です。

つまり、2017年以前からの売れ筋・人気商品から選んだ方が失敗はないでしょう。

シミ取りクリームは2017年人気のシミ取りクリームは?

このページトップのおすすめランキングでは、2017年以前から使い心地に評価の高いシミ取りクリームを選んでいます。

人気のシミ取りクリームはこちら

シミ取りクリームの有効成分:何がいい?

シミ取りクリームの有効成分は何を選んだらいいのかを紹介します。

シミ取りクリームに有効成分:ハイドロキノンの効くメカニズム

 ハイドロキノン配合のシミ取りクリームを選ぶメリット

ハイドロキノンは他の美白成分よりも桁違いに強力で美容大国アメリカで長くシミ取り治療に使われてきた実績があります。

詳しく見ていきましょう。

ハイドロキノンは他の美白有効成分と比べて桁違いに強力

ハイドロキノンにはシミの元となるメラニンの生成を抑える働きがあります。

その強さは、厚生労働省が化粧品への配合を認める他の有効成分と比べて数10〜100倍強力*です。

*参考資料:BIOINDUSTRY Vol.13 No9 1996

さらに、ハイドロキノンにはシミに直接作用して薄くする『漂白効果』**があります。この効果は他の美白成分にはありません。

**参考書籍:美肌の教科書~「最新皮膚科学」でわかったスキンケア84の正解(Kindle Unlimitedで無料))

そのため、シミケアのためには誰もが最初に選ぶのはハイドロキノン配合のシミ取りクリームなのです。

ハイドロキノンは皮膚科シミ取りクリームに使われる有効成分

皮膚科のシミ治療では、トレチノインととも外用薬として使われている実績があります。トレチノインのピーリング効果と相まって即効性は化粧品の比ではありません。

ハイドロキノンは海外でシミ取りクリーム有効成分としての実績が長い

美容大国アメリカでは美白ケアといえばハイドロキノンであり、皮膚科や化粧品で長く使われています。

アメリカではFDAの厳しい規制のもとで、シミ取り化粧品では2%以下、皮膚科では2%以上の濃さでハイドロキノン配合クリームが使われています。

シミ取りクリームに含まれる主な有効成分の種類

国内でシミ取りクリームに含まれる人気の有効成分を紹介します。

ハイドロキノン

シミの元となるメラニン色素の生成を抑える。その他に、メラニン色素自体を薄くする作用もあり、この機能は他の美白成分にはないハイドロキノンだけの特徴です。

皮膚科のシミ治療に使われる塗り薬の有効成分で、2001年の規制緩和で化粧品への配合が認められました。

アメリカFDAでは、化粧品へは2%以下の濃度しか配合が認めれていませんが、日本では濃度規制がまだなく、皮膚科並に濃いハイドロキノン化粧品が市販されているので注意が必要です。

シミ、ソバカス、肝斑、炎症性色素沈着などに効果があるとされています。

イチゴや麦芽やコーヒーなど、多くの天然物に含まれているが、不安定な物質です。

アルブチン

天然物としてはコケモモに含まれている。メラニン色素の過剰な生成を抑えることで、シミ・ソバカスができるのを防ぐといわれています。

トラネキサム酸

炎症を抑える、または美白成分として、化粧品に配合されています。肝斑治療の内服薬にも配合されています。

ビタミンC誘導体

メラニン色素の過剰な生成を抑えることで、シミ・ソバカスができるのを防ぐといわれています。

リノレックS

紅花油由来の脂肪酸の一種(リノール酸S)。メラニン色素の過剰な生成を抑えることで、シミ・ソバカスができるのを防ぐといわれています。

プラセンタエキス

動物の胎盤から抽出された成分。メラニン色素の過剰な生成を抑えることで、シミ・ソバカスができるのを防ぐといわれています。その機能は未だ解明されていない点が多いです。

トレチノイン(皮膚科専用)

ビタミンAの誘導体で、日本では未承認医薬品。皮膚の新陳代謝を速める働きがあり、皮膚科でハイドロキノンと併用してシミ治療に使われます。

日本では化粧品への配合は認可されてません。

ルミキシルペプチド(皮膚科専用)

スタンフォード大学で開発された『ルミキシルペプチド』を配合したクリームの主要成分。しかし、日本では化粧品への配合は認可されておらず、一部の皮膚科でのみ処方してもらえます。

フラバンジェノール

フランス海岸松から抽出された天然由来のポリフェノール。メラニン色素の過剰な生成を抑えることで、シミ・ソバカスができるのを防ぐといわれています。

グリチルリチン酸

炎症を抑える成分として、シミ取りクリームに配合されています。

シミ取りクリームの効果・効能(ハイドロキノン)

ハイドロキノン配合シミ取りクリーム3つの効果

シミ取りクリームに含まれるハイドロキノンの効果とメリットについて紹介します。

関連ページ:【シミ取りクリーム】ハイドロキノンの効果が人気の理由

シミ取りクリームと紫外線対策の大切さ

日焼け 女性 紫外線にシミ取りクリーム

シミの原因は紫外線。

紫外線は毎日浴びてますので、日々シミの元がお肌に出来ている現実をご存知でしょうか?

そのため、シミが大きくならないように日頃からのシミケアが重要になります。

シミ取りクリームで今日からシミ対策を始めましょう。

ハイドロキノン配合シミ取りクリームが効くシミの種類

しみ・そばかす対策にシミ取りクリーム

ハイドロキノンが効くシミの種類は次の4つです。

  1. しみ
  2. そばかす
  3. 色素沈着
  4. 肝斑

ノアージュ美容皮膚科より

これ以外の、たとえば下の2つのようなシミにはハイドロキノンは効きませんので、レーザーによる治療が行われます。

  • 脂漏性角化症:イボのような黒いシミ
  • 遅発性太田母斑:青あざのようなシミ

いずれにせよ、日頃からシミ取りクリームでケアして、皮膚科のお世話になるような重度のシミを作らないことが大切です。

化粧品と病院のハイドロキノン配合シミ取りクリームの違い、レーザー治療との比較

皮膚科レーザー治療

皮膚科のシミ取りクリームとレーザーによるシミ治療は即効性がありますが、肌への刺激が強いです。

しかし、ハイドロキノン配合の化粧品は肌への刺激は弱いですが、即効性は期待できません。

ですので、重度のシミをケアしたい人は迷わず信頼できる皮膚科へ直行することを勧めます。

皮膚科処方のハイドロキノン配合シミ取りクリームの効果と費用

皮膚科の軟膏(シミ取りクリーム)

皮膚科のシミ治療では、強い薬でシミを破壊しながら、皮膚のターンオーバー促進させてピーリングを行うため即効性があります。

そのかわり、治療費は原則保険適用外で全額自己負担になります。

皮膚科処方のハイドロキノン配合シミ取りクリームは化粧品と違って即効性がある

皮膚科でもらえるシミの薬は、化粧品よりもハイドロキノン濃度が高く強力(濃度4%以上)です。

さらに、化粧品への配合が認可されていないトレチノインクリームとの併用治療が行われるので、シミ取りに即効性があります。

ただし、即効性があるといっても、薄いシミの場合でも治療に1〜3ヶ月程度必要とされています(神田美容外科形成外科医院より)。

ハイドロキノンよりも効果あり!?皮膚科ルミキシルクリーム

最近では化粧品として厚労省から認可されていないシミ取りクリーム『ルミキシル』を扱う皮膚科も出てきました。

ルミキシルのメラニン生成を抑える強さはハイドロキノンの17倍もあり、副作用も少ないと言われています。

通販で輸入品が手に入りますが、皮膚科で処方してもらった方が安全でしょう。

ハイドロキノン療法のビフォア・アフター写真が見れる美容皮膚科

化粧品では薬機法の規制により、シミケアのビフォア・アフター写真は公開できません。ですが、シミ治療を行っている病院では、治療の効果を画像で確認することができます。

そんな美容皮膚科を紹介します。

湘南美容外科ではハイドロキノン治療の効果写真をwebで見ることができる

施術前に美白効果の程度を写真で予測することができる美容皮膚科もあります。湘南美容皮膚科はwebで、シミ治療のビフォア・アフター写真を公開しています。

シミ取りクリーム治療で好評の大路皮膚科

シミ治療には信頼できる皮膚科に行きたいところです。大路皮膚科は、そんな皮膚科の一つで、口コミがとてもよく、ブログ体験記事ではとても好評です。

皮膚科シミ取りクリームとレーザー治療の効果のちがい

レーザー治療はシミを直接破壊するため、ハイドロキノン治療よりも即効性があります。

そのかわり、治療中の肌へのダメージはかなり大きいです。

皮膚科シミ取りクリームとレーザーシミ治療は保険適用外

皮膚科でのシミ治療は原則保険適用外になるため、全額自費治療になります。

関連ページ:【市販シミ取りクリームvs皮膚科の効果】口コミランキング

シミ取りクリーム の医薬部外品表示の意味と効果

薬 副作用

医薬部外品表示されているシミ取りクリームは、厚生労働省から「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」効能を表示することが認められた成分が配合されています。

皮膚科シミ治療に主にに使われているハイドロキノンは、化粧品への配合も法律で認められています。

しかし、法規制により医薬部外品に配合できず、医薬部外品表示することもできません。

ですので、美白効果は高くても広告には『整肌成分』と書かれているのみです。

ハイドロキノン配合のシミ取りクリーム が効くしくみとは?

ハイドロキノンがシミに効くしくみは、「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」他に、直接メラニンに働きかけて淡色化する「漂白作用」が特徴です(城本クリニックより)。

この「漂白作用」をもっているのはハイドロキノンだけで、他の美白成分にはない機能です。

美容のためのシミ取りクリーム化粧品に期待できる効果

皮膚科治療はシミを直接破壊して取り除くのを目的としています。

いっぽう、化粧品のシミケアは次の2つ美容効果を期待して行うものです。

  1. シミの原因となるメラニン色素の生成を抑えることで、シミ予防と、できてしまったのシミの悪化を防ぐ
  2. 皮膚がもつ自然のターンオーバーによる肌の新陳代謝を利用して、シミの自然な排出をサポートする

つまり、自然回復が難しそうな重度のシミを治したい人は、迷わず皮膚科を受診されることをおすすめします。

そうならないためにも、シミ取りクリームによる日頃からのシミ対策が必要です。

シミ取りクリーム化粧品による効果の本当と嘘

テレビ報道や広告メディアで、シミ取りクリーム化粧品とは思えない効果が流れているので、その真偽を調べてみました。

シミ取りクリームでシミが剥がれるのは本当か?

厚生労働省の許可を得た市販シミ取りクリームには、皮膚科治療のようなピーリング効果がありません。

そのため、大きなシミがポロッと剥がれることはまずないでしょうね。

シミ取りクリームでシミがかさぶたのように取れる?

カソーダという自作したシミ取りクリームを使うと、シミがカサブタにように剥がれるとインターネット上で話題になっています。

しかし、それは肌へのダメージが大きいことを意味します。

深刻な健康被害に合う恐れがあるのでカソーダの使用は慎みましょう。

カソーダはひまし油と重曹でつくる薬剤です。自作もできるし、通販でも売ってます。しかし、作用が激しく肌を痛める恐れがあるので、カソーダを使うくらいなら皮膚科で治療することを強くおすすめします。

シミ取りクリームの効果のビフォア・アフター画像は安易に信用しない方がいい

シミ取りクリーム『アルバニアSP』では、露骨にシミ取り効果を宣伝するような画像を使った広告メディアが一時期話題になりました。

しかし、このような広告行為は薬機法違反になりますので、信用しない方が賢明でしょう。

タイのシミ取りクリームの効果が強い理由と深刻な注意点

美容大国タイでは、日本の皮膚科レベルの高い濃度で美白成分が配合されたシミ取りクリームが安価に薬局で手に入るので、海外旅行者に話題です。

しかし、冷静になって考えましょう。

国内では皮膚科の処方が必要になる強さの薬です。

使い方を誤ると深刻な健康被害に合う恐れがあるので、安易に使うのは慎みましょう。

シミ取りクリーム を使う肌の場所と効果のあるシミの種類

鼻

シミの種類と肌の部位によっては、市販シミ取りクリームが使えない場合があるので注意が必要です。

顔の部位別・シミの種類別に使えるシミ取りクリームの種類

シミ取りクリームを使ってはいけない場所や、シミ取りクリームではケアしにくいシミがああります。

シミケアを始めるに前に必ず確認しましょう。

唇にできたシミにはシミ取りクリームを使ってはいけない

唇はとてもデリートな粘膜組織です。唇にできたシミは、安易にハイドロキノン化粧品でケアしようとせずに、皮膚科に相談して下さい。

「ほくろ」にシミ取りクリームを使ってはいけない

シミ取りクリームでのケアはムリですので、皮膚科にいきましょう。

重度の「そばかす」はシミ取りクリームでは治らない

重度のそばかすは、市販のシミ取りクリームでのケアは難しいです。迷わず、皮膚科を受診しましょう。

重度の「色素沈着」はシミ取りクリームでは治らない

重度の色素沈着も、市販のシミ取りクリームでのケアは難しいです。皮膚科を受診しましょう。

重度の「肝斑」はシミ取りクリームでは治らない

重度の肝斑の人は、迷わず皮膚科を受診しましょう。

手の甲に使えるシミ取りクリーム

顔よりも皮膚が厚いため、信頼できる皮膚科に治療してもらうのが近道です。ですが、重度のシミでなければ悪化しないように紫外線対策をした上で市販シミ取りクリームでケアしてみるのも一つの方法です。

腕の肌に使えるシミ取りクリーム

手の甲と同じように、信頼できる皮膚科に治療してもらうのが確実です。
ですが、重度のシミでなければ、悪化しないように紫外線対策をした上で市販シミ取りクリームでケアしてみるのも良いでしょう。

50代の肌に使えるシミ取りクリーム

重度のシミ治療は信頼できる皮膚科にまかせるのが賢明です。

ですが、日頃のシミ予防など、肌を整えるための日常の美白ケアには市販のシミ取りクリームは有効です。

シミ取りクリーム(ハイドロキノン配合)を安全に使うための注意点

ハイドロキノン配合シミ取りクリームの安全3つのポイント

シミ取りクリーム(ハイドロキノン配合)を安全に使うためには、大前提として次の3つ条件をクリアしたクリームを選ぶべきです。

ハイドロキノンの安全濃度 日本では法的な濃度規制がないため、アメリカFDA規制ハイドロキノン2%以下を守っているシミ取りクリームがオススメです。
副作用対策 室温保存できるハイドロキノンクリームは安定性に優れ、肌への刺激が少ないです。
国内製造 厚生労働省の許可を得て国内工場で製造されたものであれば、品質が信頼できます。

ハイドロキノン配合のシミ取りクリーム の副作用と注意点:赤みや腫れは肌に合わない証拠

化粧品との相性には個人差が必ずあります。はじめにトライアルキットで肌との相性をチェックしましょう。この段階で赤み・腫れなどの症状が出る場合は肌に合ってない証拠です。

シミ取りクリームで「赤くなる」症状

ハイドロキノン配合シミ取りクリームを使ったあとに肌が赤くなったときは、軽度の炎症が起きている証拠です。直ちに使用を中止しましょう。

シミ取りクリームで「肌荒れ」になったら即使用をやめる

ハイドロキノン配合シミ取りクリームを使ったあとに肌荒れが起きた場合は炎症がひどくなっている証拠です。直ちに使用を中止しましょう。

ハイドロキノン配合のシミ取りクリームを使うときは必ず紫外線ケアをする

ハイドロキノン配合シミ取りクリームは紫外線と反応すると炎症を起こします。

日中に使う場合には必ず紫外線対策を徹底しましょう。

そうしないとシミが悪化したり、腫れたりします。

シミ取りクリーム でシミが濃くなる時の注意点

皮膚のターンオーバーによってシミが排出されている途中の場合と、炎症が起きている場合の2とおりが考えられます。

痛みを伴うようなら炎症が起きているので、使用をやめて医師に相談しましょう。

シミ取りクリーム を使う妊娠中に使ってもいいのか?

ハイドロキノン配合のシミ取りクリーム化粧品は、メーカーにもよって対応が違います。

ビーグレンとアンプルールは妊娠・授乳中でも使用可と公式に発表されています。

皮膚科のシミ取り治療は、妊娠中と授乳中は原則受け付けてもらえません。

シミ取りクリーム を使う赤ちゃんに授乳中でも使ってもいいのか?

妊娠中と同じです。ビーグレンとアンプルールは授乳中でも使用可と公式に発表されています。

しかし、皮膚科のシミ取り治療は、妊娠中と授乳中は原則受け付けてもらえません。

敏感肌にシミ取りクリーム を使う時の注意点

敏感肌対応のシミ取りクリームであっても肌への相性は個人差が必ずあります。本格的に使う前にパッチテストが必要です。

パッチテストで赤くなったり、腫れたりしたときは使用をあきらめましょう。

個人輸入や海外製シミ取りクリームは健康被害の恐れがあるので使わない方がいい

海外のシミ取りクリームは、効き目が強力なかわりに皮膚科レベルに強い効成分が含まれるので、用法・用量を間違えると事故につながります。

安いからといって安易に使うのはやめましょう。

実際、個人輸入されたインドのユークロマクリーム(高濃度ハイドロキノン配合)で健康被害が起きており厚生労働省から警告が発表されています(下の画像)。

インドのシミ取りクリーム・ユークロマクリームによる健康被害

関連ページ:【シミ取りクリーム/ハイドロキノン】安全性と注意点

シミ取りクリームの効果的な使い方(ハイドロキノン配合)

ハイドロキノン配合シミ取りクリーム使い方3つのポイント

シミ取りクリーム(ハイドロキノン配合)の効果的な使い方は、次の3つの条件を満たしたクリームを毎日続けることです。

夜専用クリーム 紫外線の悪影響のない夜間にシミをケアできる
全顔用クリーム 全顔塗りができるクリームは安全性が高い
高浸透力クリーム どんなに優れた成分もシミまで届かなければ意味がない

関連ページ:【シミ取りクリーム/ハイドロキノン】ビーグレンの使い方と注意点

シミ取りクリーム の塗り方

シミ取りクリームの正しい用法・用量、塗るタイミングを守って、取扱説明書に従って使いましょう。

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9の場合は図のようにとても簡単です。

シミ取りクリーム使用例QuSomeホワイトクリーム1.9

肌との相性がありますので、使う前に返金保証つきのトライアルセットでパッチテストをするのをおすすめします。

ハイドロキノン配合シミ取りクリームはいつ塗るのか?

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は夜に集中ケアするので、下の図のようなタイミングで夜に塗ります。

シミ取りクリームQuSomeホワイトクリーム1.9の使用ステップ

日中使用のハイドロキノン配合クリームは、紫外線ケアを怠るとシミが悪化したり、炎症が起きる恐れがあるのでおすすめしません。

タイ(バンコク)のシミ取りクリーム の使い方と注意点

現地の正規販売店で聞いたとおりに使うしかないのが実情ですが、安全のために海外で販売されているシミ取りクリームは使わない方が賢明です。

皮膚科レベルで強力な成分が配合されているので、医師の指導なしに使うと健康被害につながる恐れがあるからです。

シミ取りクリームを安い値段でコスパ良く買う方法

ハイドロキノン配合シミ取りクリーム料金3つのポイント

シミ取りクリームは、安易に実績のないクリームを安く買うよりも、シミケアに実績のあるクリームを公式ストアで買う方が断然コスパ(費用対効果)が良いです。

具体的な買い方のポイントと理由は、次の3つです。

トライアルセット 安く肌との相性を試すことができます
返金保証 満足できなければ返金してもらえます
公式サイト 割引率が一番高いので安く買えます

関連ページ:【安いシミ取りクリーム】ハイドロキノンのコスパ最高な買い方

ハイドロキノン配合シミ取りクリーム『ビーグレン』をもっともコスパよく買う方法

公式サイトで返金保証付きのトライアルセットを試すのがコスパがいいです。

その方が、肌との相性を試してから使いはじめることができるし、失敗がないので、もっともコスパの良い買い方です

Amazonや楽天でも非正規品が販売されていますが、公式サイトが最安です。

買い物女性
【安いシミ取りクリーム】ハイドロキノンのコスパ最高な買い方安いだけではダメです。シミ取りクリームをコスパ良く買うにはどうすればいいのか? この記事では、ハイドロキノン配合シミ取りクリームの...

ビーグレンのハイドロキノン配合『QuSome ホワイトクリーム 1.9』を例に比べてみても、下のとおり公式サイトがコスパ最高です。

購入先 税込み価格
ビーグレン公式サイト 4,860円*(送料無料)
Amazon 6,015円から(+送料)
楽天 6,996円から(+送料)

*定期購入25%割引適用

注)トライアルキットと返金保証は公式サイトのみの扱いです。

ビーグレン公式サイトはこちら

プチプラ価格のシミ取りクリーム をすすめない理由

プチプラ価格のシミ取りクリームは効果が期待できないか、安全性に配慮が欠けている製品が多いので、正直おすすめできません。

シミ取りクリームを市販で買うのをおすすめしない理由

評判のよい市販シミ取りクリームでも店頭で買うと割高価格の場合がほとんどですので、買い方としてはおすすめできません。公式ストアのネット販売がもっとも割安です。

ドラッグストアの店頭でのハイドロキノン配合のシミ取りクリームの購入をすすめしない理由

評判の良いハイドロキノン配合シミ取りクリームは、ドラッグストアでの取扱がなく、公式の通販ストアのみ場合がほとんどです。

シミ取りクリームの市販ランキング

マツモトキヨシの店頭で市販されている美白クリームの売れ筋ランキングでは、上位には効き目の弱い有効成分の製品で占められています。安さだけが取り柄のようです。

通販サイトでのハイドロキノン配合シミ取りクリームの購入をすすめない理由

公式サイトと大手通販サイトのシミ取りクリーム価格を比較すると、Amazon・楽天などの通販サイトの方が割高です。

安く買うなら公式通販サイト一択です。

「アマゾン」でシミ取りクリームを買ってはいけない

ビーグレンは非公式品のみ扱いで、トライアルキットは扱いなし。非公式品なビーグレンやアンプルールなどの有名ハイドロキノンクリームは上で紹介したとおりAmazonで買うと割高です。

「楽天」でシミ取りクリームを買ってはいけない

こちらもAmazonと同じで、上で紹介したとおりです。有名なハイドロキノン配合シミ取りクリームは楽天で買うと公式よりも割高で損をします。

「ニッセン」ではシミ取りクリームがほとんど売っていない

通販のニッセンでは、ビーグレンなどの有名シミ取りクリームを販売してません。そもそも美白化粧品の扱い自体ががほとんどありませんね。

ガールズラボは現在サイト閉鎖中

一時期、解約できないなどで話題になったガールズラボですが、現在は通販サイト閉鎖中です。

個人輸入のシミ取りクリームに購入をすすめない理由

個人輸入や個人輸入代理店を通して、海外の高濃度ハイドロキノンクリームを安く入手することができます。

しかし、皮膚科レベルに強力な薬を医師の指導がない状態で使うの非常に危険です。おすすめしません。

海外化粧品通販のビューティートーク

安く買えるかもしれませんが、購入後の健康被害まではサポートしてくれません。

格安個人輸入代行のオオサカ堂

同じく安く買えるかもしれませんが、購入後の健康被害まではサポートしてくれません。

安全性のところで紹介したインドのユークロマクリームような健康被害に合ってからでは遅いですよ。

海外でシミ取りクリーム を買うのをおすすめしない理由

たしかに効き目が強力なクリームが安く買えますが、問題が多くあります。

タイのシミ取りクリームは激安値段で買えるが、安全性は自己責任

プチプラ価格の1000円以下で買えます。しかし、強い薬が多く、健康被害は自己責任になります。

タイのシミ取りクリームをお土産にして他人を巻き込む行為は慎もう

激安です。しかし、効き目が強いかわりに肌への刺激も皮膚科レベルで強く、安易にお土産にするのは好ましくありません。

タイの人気シミ取りクリーム『デラニンクリーム』

タイ・バンコクのブレズ薬局で買える人気のシミ取りクリームです。効き目は皮膚科並に強力ですが、その分の肌への刺激も強く安易に使うと健康被害の恐れがあります。

タイのシミ取りクリームに含まれる『クイノール』とは?

ハイドロキノンと同じようにメラニン色素の生成を抑える機能をもつ有効成分で、デラニンクリームの主要な有効成分です。

タイの人気シミ取りクリーム2『レチンAクリーム』

有効成分トレチノンが皮膚科レベルで配合された強力なピーリング用シミ取りクリームです。

プーケット旅行中にタイ・バンコクで買ったシミ取りクリームを使うとシミ悪化の危険

タイのシミ取りクリームは、バンコクのブレズ薬局で簡単に購入することができます。

しかし、紫外線が強い日中にタイ観光中に買った強力なシミ取りクリームを使うと、シミが悪化したり、健康被害を起こす恐れがあります。

台湾のシミ取りクリーム『ミロル(仙可兒)』

ミロルは有効成分不明ですが、旅行者に人気です。有効成分が分からないまま使うのは、健康被害が起きたときに医師も正しい対処ができないため危険です。

ハワイのシミ取りクリーム『ナディノラ(NADINOLA)』

ナディノラはハイドロキノンクリームで、旅行者に人気です。

シミ取りクリーム 韓国『ドミナクリーム』

ドミナクリームは有効成分不明ですが、旅行者に人気です。

手作りシミ取りクリーム『カソーダ』の注意点

100%天然成分ですが、刺激性が強いです。ピーリングによりシミケアをするので安全性が低く、おすすめできません。

一歩間違えると健康被害につながります。

皮膚科シミ取りクリームのお値段

保険適用外で皮膚科により治療費に差があります。

治療費もさることながら、信頼できる皮膚科を見つけるのが大変です。

皮膚科によって使う薬や治療法が異なりますからね。

【シミ取りクリーム市販vs皮膚科の効果】口コミランキング人気の市販シミ取りクリームをメリット・デメリット・安さ・効果・口コミでランキング。市販vs皮膚科クリームでメリット・デメリットも比較。 ...

間違いなく言えることは、日頃からシミ取りクリームクリームでケアして、皮膚科のお世話になるような重度のシミを作らないことが、もっともコスパが良いシミ対策です。

人気のシミ取りクリームはこちら